実機で解説!ウォークマン NW-ZX300 レビュー(暫定版)

このページでは2017年10月発売のウォークマン NW-ZX300 のレビューをお届けします。

※発売前商品のため暫定版でお届け中。本商品到着後画像の差し替えと追加、内容の追記・変更等行います。

NW-ZX300は音質と携帯性のしやすさを「高い次元で両立」させたソニーウォークマンの高音質モデル。

ウォークマンのフラッグシップモデル「WM1シリーズ」で搭載するデジタルアンプを搭載し、シリーズ初となるバランス接続にも対応。アルミ1枚板から削りだされた筐体はコンパクトなサイズに抑えられ、携帯しやすいサイズ感で高音質体験をどこでも可能としています。

※商品の撮影はソニーストア大阪で取材撮影許可を得て行っています。

ウォークマン NW-ZX300 レビュー INDEX

ウォークマン NW-ZX300ってどんな商品?

ウォークマン ZX300は音質と携帯性のしやすさを「高い次元で両立」したオーディオプレーヤー。

音楽が好き。もっている大好きな楽曲を高音質で、自分の好きな場所でとことん楽しみたい。ZX300は音楽を深く愛する方にピッタリで、ぱっと聴いた瞬間から「あぁ良い音だなぁ」と高音質体感ができるものとなっていました。

ハイレゾならではの「粒のたった繊細さな表現」をはじめ、目をつむればそこにはヴォーカルや奏者の姿が想像できる、そんな音場空間の表現力はとても素晴らしいものがありました。

このあたりはスピード感のあるZX100とは違い、フラッグシップモデルWM1に近い雰囲気。さすが同じアンプを搭載しているだけあります。とは言っても、WM1の方がもっと表現力が豊かというかアナログ感があるのですが、価格を考えると、よくぞココまで出来ました!と、拍手したくなっちゃいました。

ZX300は、いわゆる一般的なヘッドホンとの接続方法であるアンバランス接続と、左右の音を分離させ、より高音質で楽しめるバランス接続の両方の端子を搭載。

ZX300のベストな楽しみ方は、バランス接続+高音質ヘッドホンの組み合わせ。なのは当たり前なのですが、まだハイレゾ音源をもってない。とか、バランス接続可能なヘッドホンを持ってない。って方でも実は大丈夫。

CD音源でも高音質に聴かせてくれる技術「DSEE HX」により、ハイレゾに近い高音質で再現してくれるし、ウォークマン本体に搭載するアンプをはじめ、基板やパーツレベルでも優秀だから、ハイレゾに対応してないヘッドホンを使っても出て来る音にすごく余裕があるのです。

ZX300を買えるくらいしか予算がないって方でも、ZX300の性能そのものが非常にハイレベルなものとなっています。お小遣いが溜まってからバランス接続対応のヘッドホンを購入する。と、いう考え方も有りだと思っています。

ウォークマン NW-ZX300

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

ソニーストア価格: 64,880 円+税

2017/09/11 現在価格

ZX300 フルデジタルアンプS-Master HX 搭載

ZX300は、ソニーウォークマンのフラッグシップモデル「WM1シリーズ」と同じ、フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しました。

これによりバランス時の出力はなんと「200mW+200mW」の大出力。アンバランス時でも「50mW+50mW」と、ZX100比 3倍以上の出力アップを実現しました。

また、DSDネイティブ再生(11.2MHzまでバランス時のみ)、PCM最大 384KHz/32bitにも対応。デジタルアンプ「S-Master HX」の搭載は、今までのZXシリーズでの流れでなく、WM1シリーズなみの高音質化へと、大きな影響を与えるものとなっている。と、言っても過言ではないでしょう。

アンプ周りはWM1以上?!高音質ハンダ採用

なお、ZX300に搭載された「S-Master HX」の基板と接続部分には高音質ハンダを採用しました。これにより透明感、艶のあるボーカルを実現しているのだとか。これWM1ユーザーにとっては、ちょっと妬けるポイントかもしれないですね。

ZX300 アルミシャーシと無酸素銅プレートを採用

良い音を追求するにはパーツレベルで。ZX300には高音質へと直接つながる高品位なパーツがたくさん採用されています。

例えばシャーシ。ソニーの高音質プレーヤーではすっかりお馴染み、アルミの1枚板から削り出した「アルミシャーシ」を採用。これにより「音質効果」と「高剛性」を両立実現しました。

手にすると、スリムでコンパクトなのにズッシリ感が味わえます。これは良いものだ!そんな雰囲気がバシバシと伝わってきます。

そのアルミシャーシと基板の部分には金メッキを施した「純度99.96%以上の無酸素銅プレート」を用いシャーシをとことん低抵抗化。ヘッドホンジャックには日本ディックス製の高性能な「Pentaconn」を採用するなど、重要な部分ほど、高品質で高品位なパーツを使用。基板のレイアウトも高音質化を図るため最適化が施されました。

知れば知るほど「音にこだわっている」。ZX300はとても強いこだわりを感じられるものとなっています。

ZX300 シンプルかつ扱いやすい操作性

ZX300のエクステリアはシンプルで飽きないこないデザイン。カラーはブラックとシルバーの2色展開で用意されました。

背面を見てみるとラバーが採用され、サラリとした中に、しっかりとした滑り止め効果が感じられ、アルミ素材ならではのヘアライン加工なども施され質感はとても高く、所有欲をも満たしてくれるものとなっています。

ZX300の基本操作は3.1型のタッチパネルで行いますが、側面には基本操作が可能なハードボタンも用意しました。ZX100は音量操作ボタン(&ホールド)だけ配置されていませんでしたが、便利さは圧倒的に向上しています。

ウォークマン初 マットガラスを採用

ZX300は、ウォークマンでは初なる「マットガラス」を採用しました。反射を抑え、指先での滑りがよく、指紋が目立ちにくい。実際に触ってみるとたしかにそんな感じ。また、このマットガラスは筐体の塗装と相まってデザインの良さも引き立てているように思えました。一言でいうならカッコイイでです。

ZX300 直感操作ができるUI(ユーザーインターフェース)採用

タッチパネルを採用するウォークマンではお馴染みとなった、ユーザーインターフェースをZX300にも採用しました。

基本画面から上・下・右・左と移動でき使い始めは、少し覚えないといけないところはありますが、慣れてしまえばこちらのもの。直感操作が出来るものとなっています。

イコライザー機能なども搭載。

ZX300は、音源の持つ良さを活かす「ソースダイレクト」が基本設定となっていますが、10バンドイコライザー(31Hz-16000Hz)機能など使って、自分好みの音設定にすることも可能です。

変更操作は実にカンタン。楽曲を再生しながら指先でちょちょいと直感的に扱えます。今日はベースメインとか、自分流に大好きな楽曲を違ったスタイルで楽しんでみるのはいかがでしょうか?

ZX300 PCポタアンにもなる!USB DACモード搭載 

ZX300はポータブルアンプのように使って、パソコンの中の音源をUSB経由で高音質に聴くことができる「USB DAC」(ユーエスビー ダック)機能を搭載しました。

少し前からパソコンで音楽を聞くならUSB DAC経由で。なんて声がちらほら聞かられるようになって、耳にされた方も多いことでしょう。その「USB DAC」機能がウォークマンZX300に付いちゃった。なんだか凄くオトクな感じです。

非同期方式(Asynchronous)によりUSB転送時に発生するジッターを極小化することで高音質を実現。また、PCM出力だけでなく、DSD RAWの出力にも対応しています。(PCM:最大384kHz/32bit、DSD RAW:最大11.2MHz/1bit)。

本来ZX300は自由なスタイルで高音質を楽しむもの。

それが決まった場所で作業を行う機会が多い、パソコン経由でも楽しめるというのですから、これはなかなか素敵な機能ではないでしょうか?

Bluetooh ワイヤレスでもイイ音体験 LDAC搭載

ZX300を高音質で楽しむならバランス接続が最良なのですが、ワイヤレスでも「高音質」で楽しめる」と言うのもポータブルオーディオならではの、もう一つの大きな魅力。ソニーのワイヤレス高音質技術「LADC」を搭載しました。

「LDAC」対応ワイヤレススピーカーやワイヤレスヘッドホンを使用すれば、従来の最大3倍の高音質でワイヤレスリスニングを楽しむことが出来ます。

高音質・低遅延のaptXコーデックにも対応

一般的なSBCコーデックだけでなく、より高音質・低遅延のaptXコーデックにも対応しました。

aptX対応スピーカーと組み合わせれば、よりいい音でワイヤレスリスニング。また、48kHz/24bitの音声データが伝送可能なQualcomm(R) aptX(TM) HD audioにもソフトウェアアップデートで対応予定です

内蔵メモリー64GB + microSDメモリーカード

ZX300は、内蔵メモリー64GBに加え、microSDメモリーカードに入れた音楽ファイルの再生にも対応しました。

ZX300の64GBは、ZX100に128GBと比べると大幅容量ダウンが否めない印象。高音質でガンガン楽曲を入れておきたいなら プラスmicroSDカードでメモリー拡張がおすすめです。

音質にこだわる方に「専用 micoro SDカード」

音質にこだわる方は、ぜひ「micoro SDカード」の質にもこだわってみてください。ます。音にこだわるならソニーから発売されている「micoro SDカード」がおすすめです。

高音質SDカード SR-64HXA

ハイレゾ対応ウォークマン(R)に最適。microSDXCメモリーカード高音質モデル

ソニーストア価格:18,500 円+税

2017/02/15 現在価格

多くのレビュアーさんが大絶賛するのがわかるほど、フツーの「micoro SDカード」とは聞こえてくる音とは、まるで違います。優れた内蔵メモリーの音質に近づけたいなら、こちらの「micoro SDカード」オススメです。

ZX300はスリム&コンパクト

これだけの高音質パーツが採用され、一昔前なら一体どれほどのサイズ感になっていたことでしょう。ZX300は、手にすると高い質感を感じながらも、本体質量はわずか約157gしかありません。

最大外形寸法も約57.7mm x 120.4mm x 14.9mmと十分過ぎるほどスリム&コンパクト。このサイズ感なら携帯性の良さも抜群。まさに高音質をどこでも聴きたいって方におすすめです!


ウォークマン NW-ZX300

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

ソニーストア価格: 64,880 円+税

2017/09/11 現在価格

10%OFF!メーカー直販でも安く買える!クーポン配布中!

ソニーからの特典がいっぱい。「My SONY ID」を新規取得すると、ソニーの直販サイト・ソニーストアにて10%OFFで購入可能な「Welcomクーポン」がもらえます!しかもソニーストアなら3年間の保証付き!!まだ「My SONY ID」をお持ちでない方はこれを機会に取得してみてはいかがでしょうか?ID取得後、製品登録するとアップデートなどのお知らせや、新商品情報もメールで届きます。これはなかなか便利ですよ!

すでに会員になっている方には「定期割引クーポン」が届いているかも?!確認は下のリンク先で行えますので、このレンズがお安く買えるのかチェックしておきましょう。

ウォークマン ZX300 アクセサリー

ウォークマン NW-ZX300には専用アクセサリーが用意されています。カンタンに紹介します。

NW-ZX300専用 レザーケース「CKL-NWZX300」

「CKL-NWZX300」は上質な天然皮革(牛革)を厳選して使用したレザーケース。天然素材の特徴を活かした革表面は、使うほどに艶や風合いが増していくことでしょう。

またケースを装着したままでも、ウォークマンの操作やWM-PORTの使用が可能で、レザーケースと同じ皮革を使用したレザーストラップ付属。ハイグレードモデルZX300のキャラクターにピッタリです。

ZX300にはケースが付属しません。保護する意味でも購入をオススメします。

NW-ZX300専用 レザーケース「CKL-NWZX300」

「CKL-NWZX300」は上質な天然皮革(牛革)を厳選して使用したレザーケース。

ソニーストア価格:4,880円+税

2017/09/11 現在価格

NW-ZX300専用 保護シート「PRF-NWZX300」

「PRF-NWZX300」は指紋が付きにくい、マットタイプの保護シート。傷や汚れに強いハードコーティング仕様でZX300のガラス表面を保護するのに最適です。

ガリッと傷が付く前に、本体同時購入をオススメしています。

NW-ZX300専用 保護シート「PRF-NWZX300」

「PRF-NWZX300」は指紋が付きにくい、マットタイプの保護シート。

ソニーストア価格:1,500円+税

2017/09/11 現在価格

Bluetoothリモコン「RMT-NWS20」

「RMT-NWS20」はウォークマンの操作を快適にする小型リモコン。Bluetooth接続で、バッグの中など離れたところにあるウォークマンを操作可能。胸ポケットやヘッドホンケーブルなどに取り付けられるアタッチメントを付属。アクティブシーンで使いたいときにオススメのアクセサリーと言えるのではないでしょうか?

あったら便利!リモコン「RMT-NWS20」レビュー

操作はシンプルで、再生・停止・音量などの基本的なことしかできませんが、使ってみるとこのリモコン案外便利なものとなっていましたよ。


リモートコマンダー「RMT-NWS20」

対応モデル ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1A/B、NW-WM1Z/N。

ソニーストア価格:4,880円+税

2016/09/08 現在価格

ハイレゾ・オーディオ出力用USB変換ケーブル「WMC-NWH10」

ハイレゾ・オーディオ出力に対応したウォークマン専用のハイレゾ・オーディオ出力用変換ケーブル。対応するコンポで高音質に楽曲を楽しみたいなら、こちらのケーブルをオススメします。

WM-PORT専用 USBケーブル・WMC-NW20MU

WM-PORT専用 USBケーブル

ソニーストア価格:1,380円+税

2017/02/16 現在価格

ウォークマン ZX300 はソニーストアで好評発売中!

2017年10月発売予定のウォークマン「NW-ZX300」のレビューをお届けさせていただきました。

この記事が皆様の参考になると幸いです。

ウォークマン NW-ZX300

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

ソニーストア価格: 64,880 円+税

2017/09/11 現在価格

なおZX300をソニーストアで購入されると3年間の保証が無償で添付されます。

長い期間使用したいオーディオプレーヤーですので、この特典は結構大きいですよ。また落下して故障させてしまった場合でも安心なワイド保証にもソニーストアでは加入することができます。

ソニーストアでの購入は特典が充実していますので、トータルで考えるとオトク感あり。詳細につきましてはリンク先もご確認ください。

10%OFF!メーカー直販でも安く買える!クーポン配布中!

ソニーからの特典がいっぱい。「My SONY ID」を新規取得すると、ソニーの直販サイト・ソニーストアにて10%OFFで購入可能な「Welcomクーポン」がもらえます!しかもソニーストアなら3年間の保証付き!!まだ「My SONY ID」をお持ちでない方はこれを機会に取得してみてはいかがでしょうか?ID取得後、製品登録するとアップデートなどのお知らせや、新商品情報もメールで届きます。これはなかなか便利ですよ!

すでに会員になっている方には「定期割引クーポン」が届いているかも?!確認は下のリンク先で行えますので、このレンズがお安く買えるのかチェックしておきましょう。


ウォークマン レビュー

今回紹介したウォークマン以外にも当店では徹底レビューを掲載!こちらも参考になさってください。

WM1シリーズ レビュー!

ウォークマン史上最高音質に間違いなし!WMシリーズを徹底レビュー

ウォークマン WM1シリーズは、ソニーが培ってきた高音質技術をポータブルサイズの筐体に詰め込んだミュージックプレーヤー。特に「1Zは別次元」とも言える高音質。ひとたび聴けば感動という言葉でしか表現できなものとなっていました。NW-WM1A,NW-WM1Z のレビューをお届けします。


ZX300 レビュー!

高音質と持ち運びやすさの両立!ZX300レビュー!

ZXシリーズに「シリーズ初となるバランス接続」モデルが登場!フラッグシップWM1シリーズと同じ降るデジタルアンプを搭載し高音質に磨きがかかり、携帯しやすいサイズ感も魅力!NW-ZX300のレビューをお届けします。


Aシリーズ レビュー!

初めてのハイレゾウォークマンにも最適!コンパクトモデル

ウォークマン Aシリーズは、コンパクトながらもハイレゾの高音質を手軽に楽しめるようになった革新的モデル。価格的にもお求めやすく、これからのハイレゾ入門機としてもピッタリです。


Sシリーズ レビュー!

定番デザイン 音楽を聴く楽しさを感じられるウォークマン

人気の定番モデル・ウォークマン Sシリーズは、音楽を楽しむための機能をたっぷりと詰め込んだスタンダードモデル。毎日の充電から解放されるスタミナ性能と軽さとコンパクトさが魅力のウォークマン。


ページの上部へ