文字入力がケータイ感覚!「KPD-NWU10K」レビュー

このページではソニー ダイレクト録音キット「KPD-NWU10K」のレビューを公開しています。

KPD-NWU10Kは、ウォークマン Sシリーズ専用のクセサリー。文字入力がケータイ感覚でラクラク行えるキーパッドに、ウォークマンで録音出来るケーブルがセットになっています。ウォークマンでダイレクト録音する機会の多い方にオススメと言えそうです。

ダイレクト録音に便利! KPD-NWU10K レビュー

ラジオの録音や、持っているカセットテープの内容をダビングするなど・・・ウォークマンに直接音源を録音して楽しまれている方って結構おられます。今回紹介するダイレクト録音キット「KPD-NWU10K」はそんな方々にオススメの便利キット。

キットの内容は、写真の右下に見えているキーパッドと呼ばれるもの。そして、ウォークマンと機器をつなぐ録音用ケーブル。この2点から構成されています。

それでは早速、使ってみましょう。まずは付属の録音用ケーブルを使い、ウォークマンと再生する機器を接続します。

ダイレクト録音を開始・・・そして終了。この後は録音用のケーブルを抜いて、キーパッドを用意。

はさむ構造になっているキーパッドにウォークマンを接続します

これで入力パッドを使う準備は完了。メニューの中から文字入力を選び、先ほどダイレクト録音したファイルに文字を直接入力するだけです。

キーパッドの操作性は、まるでケータイ電話を使っているような感覚。パチパチっと進められます。試しに入力してみたのですが、軽快に入力出来ましたよ。また、同じアーティスト名を続けて入力したい時なども便利な、予測変換機能も付いてあるのは助かりますね。

思っていた以上に、このキーパッドはなかなか使えます。入力出来る感触も中々よくて、片手間でメールを打つがごとく作業ができ、これなら文字入力は苦じゃないかも知れません。

サイズ感も手に馴染み、細かい作業が苦手って方でも、問題なく行えることでしょう。


今回はウォークマンSシリーズ用に発売されているソニーダイレクト録音キット「KPD-NWU10K」のレビューをお届けしました。

ダイレクト録音キットKPD-NWU10K

PCなしで録音も曲情報の編集もできる便利なキット

ソニーストア価格: 3,790 円+税

2017/03/09 現在価格

使い勝手の良いキーパッドに録音ケーブル付き。パソコンを使わないで、ウォークマンにダイレクト録音をされる方にオススメのキットです。 対応するウォークマンなど、商品の詳細を知りたい方はリンク先でご確認ください。


10%OFF!メーカー直販でも安く買える!クーポン配布中!

ソニーからの特典がいっぱい。「My SONY ID」を新規取得すると、ソニーの直販サイト・ソニーストアにて10%OFFで購入可能な「Welcomクーポン」がもらえます!しかもソニーストアなら3年間の保証付き!!まだ「My SONY ID」をお持ちでない方はこれを機会に取得してみてはいかがでしょうか?ID取得後、製品登録するとアップデートなどのお知らせや、新商品情報もメールで届きます。これはなかなか便利ですよ!

すでに会員になっている方には「定期割引クーポン」が届いているかも?!確認は下のリンク先で行えますので、このレンズがお安く買えるのかチェックしておきましょう。


ウォークマン レビュー

当店では注目のウォークマンを徹底レビュー!こちらも参考になさってください。

ウォークマン史上最高音質に間違いなし!WMシリーズを徹底レビュー

ウォークマン WM1シリーズは、ソニーが培ってきた高音質技術をポータブルサイズの筐体に詰め込んだミュージックプレーヤー。特に「1Zは別次元」とも言える高音質。ひとたび聴けば感動という言葉でしか表現できなものとなっていました。NW-WM1A,NW-WM1Z のレビューをお届けします。


パワフル!ワンランク上を行く 高音質ハイレゾ対応ウォークマン

高音質タイプのウォークマン「ZXシリーズ」の一員として2015年10月に登場した「NW-ZX100」は、コンパクトな筐体に高音質パーツをふんだんに採用したハイレゾ音源対応の”音楽専用プレーヤー”です。


初めてのハイレゾウォークマンにも最適!コンパクトモデル

ウォークマン Aシリーズは、コンパクトながらもハイレゾの高音質を手軽に楽しめるようになった革新的モデル。価格的にもお求めやすく、これからのハイレゾ入門機としてもピッタリです。


定番デザイン 音楽を聴く楽しさを感じられるウォークマン

人気の定番モデル・ウォークマン Sシリーズは、音楽を楽しむための機能をたっぷりと詰め込んだスタンダードモデル。音楽再生時間はなんと「77時間」。毎日の充電から解放されます。


ページの上部へ