VAIO S11 ケースレビュー「吉田カバン PORTERオリジナルケース・CC-PTR38K/CS」

VAIO株式会社製「VAIO S11」を持ち歩くのに便利な、吉田カバンオリジナルケース「CC-PTR38K/CS」を紹介させていただきます。

吉田カバンで有名な「PORTER」と、ソニーストアがコラボレーションしたオリジナルケース「CC-PTR38K/CS」は、スタイリッシュなデザインでありながら「軽く」て「丈夫」で「実用的」。バッグinケースとしての扱いはもちろん、底面のハンディストラップに手を通せば、ちょっとした持ち歩きにも対応してくれます。また、ACアダプターなど周辺機器もまとめて収納出来る ツーインワン 構造。VAIO S11 をアクティブに使いこなしたい方にピッタリ。そんなケースとなっていました。

VAIO S11 にオススメ!「オリジナルケース・CC-PTR38K/CS」

吉田カバン「PORTER」と、ソニーストアのコラボレーションモデル「オリジナルケース・CC-PTR38K/CS」は、ソニーの直販サイト「ソニーストア」のオリジナル商品です。

このケースの特長は「丈夫で軽くて収納たっぷり」というところ。

PC本体を収納する場所と、アクセサリー等を収納する場所が別々に設けられている「ツーインワン構造」で、本体のみならずACアダプターなどの周辺機器もまとめて持ち運ぶことが可能です。

丈夫で軽い。を、実現しているこの生地には、吉田カバンが開発したオリジナル生地「X-C1000」を採用しました。この「X-C1000」は、ヨットのセール(帆)開発に定評がある「DIMENSION-POLYANT社」の協力を得たもので、手にすると確かにヨットのセールみたい。しっかりした感が伝わってきます。

内側部分に目をやると、PC本体にキズが入らないよう相当、配慮されてあるのがわかります。

例えば、内部のインナークッションには 2mm厚のウレタンクッションを採用しました。そして、ファスナー近くには折り返しが用意されており、VAIO を取り出すときファスナーの金属などでキズがつかないよう配慮されていました。

何気にすっとVAIOを収納するときも、折り返しがあるから傷つかず安心です。

続いては、周辺機器を入れるスペースをみていきましょう。

こちら側はファスナーがケースの底面近くまで用意されており、上の画像のように大きく開くことができます。これって何気ないように思われるかも知れませんが、こうなることにより、収納や取り出し片付けなどが素早く行えます。

次に、周辺機器がどのくらい収まるかのチェックもしてみましょう。

VAIO S11の付属品であるACアダプターと電源コード。それにペンや、Xperia Z3 Tablet Compact(8インチタブ)、A4カタログ数部などを用意しました。これらを、それぞれをポケットに収めてみます。

するとこんな感じで、ちゃんと収まりました。ACアダプターとかもキレイに収まっています。

また、A4サイズのカタログはベルトを使っても、ちょうどピッタリ収まりました。あまり分厚いのは無理ですが、仕事の書類など、VAIOと一緒に持ち歩きたい時に便利ですよね。

こんな感じで、このケースは”PCケース”とうたっているのに関わらず、ちょっとしたバッグなみの収納力。痒いところに手が届く、そんな仕様です。

大切な中の機材が飛び出さないようスライダーは安心のロック式。そのスライダーにはPORTERのロゴが入りでマットブラックで塗装されていて、これが結構カッコイイんです。

ケース単体で持ち運びたいときに便利な、ハンディストラップに手に通せばこんな感じとなりました。

オフィス内を移動したり、車通勤であればバッグに入れる必要はないかも。

底部分から抱えるようにしっかり手に持てますので、安心して持ち歩けますよ。


今回は、VAIO S11の持ち運びにおすすめのPCケース。吉田カバン「PORTER」とソニーストアのコラボレーションモデル「オリジナルケース・CC-PTR38K/CS」を紹介させていただきました。

PORTERオリジナル11インチ用PCケース・CC-PTR38K/CS

デザイン、素材、機能性を追求したPCケース。強度、軽さ、防水性を兼ね備えたオリジナル生地「X-C1000」の使用と、PC本体と周辺機器や小物類を分けて収納できる「ツーインワン仕様」がポイント

ソニーストア価格:13,333円+税

2017/02/06 現在価格


VAIO最新モデルを徹底レビュー

最新モデルのVAIOを使用した実機レビュー

最新のVAIO株式会社製、パーソナルコンピューター「VAIO」の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。ソニーストアで購入可能な「カスタマイズモデル(VAIO オーナーメードモデル)」を始め、各モデルごとに用意されたケースなども徹底解説しています。


ページの上部へ