XBA-300 レビュー伸びやかで高い解像感のイヤーレシーバー

このページではソニー・イヤーレシーバー「XBA-300」のレビューをお届けしています。

XBA-300はバランスド・アーマチュア・ドライバーを3基を搭載し音導管には真鍮を採用したイヤーレシーバー。ボーカルや、楽器そのものがもつ音色をダイレクトに表現しつつ、伸びのあるクリアな中高音を実現。・・・とは公式サイトの文言そのままなのですが、聴いてみてなるほど!って感じ。すぐわかる解像度の高さに加え中音域が実に伸びやか。楽器やボーカルが実に生々しく伝わってきます。シャリ系ですが、耳をつくという感じではなく、サラっとしていて低音もきちんと表現。バランスがよく、低音の効くタイプが苦手という方にもオススメなイヤーレシーバーと言えるでしょう。

XBA-300レビュー 密閉型イヤーレーシーバー

XBA-300レビュー、それではパッケージを開けるところからはじめていきましょう。

ソニーストアでの販売価格が27,880円+税ということもあり、イヤホンタイプとしては高額な部類に入る「XBA-300」は、その価格に見合った雰囲気のあるケースの中、ふかふかクッションに守られるように収まっていました。

本体の下には収納ケースや取り扱い説明書などの付属品の姿。

交換用のハイブリッドイヤーピース「SS」「S」「L」が用意されていました。(Mサイズは装着済み)

XBA-300 コンパクトで軽量。飛び出し感の少ない装着感

「いやぁ、小さい!」。って別にイヤーレシーバーだから「耳=イヤー」と掛けたわけではありません。

自然に出た言葉が「いやぁ、ホント小さい!」でした。

今までのハイレゾ対応のイヤホンタイプと言えば、飛び出し感のある大きめのものが多かった。

比較的コンパクトなXBA-A2と比べても、下の写真のとおりかなり小さいのです。

小さいということもあって、もちろん軽量。

XBA-A2もコンパクトな部類ですが、扱いがやや面倒に思う時もありました。

耳に装着した時のつけ心地は、飛び出し感もほぼなくて、とっても自然な感じです。

それと凝ったデザインにも注目で、スモークがかったスケルトンボディから輝くパーツがチラ見出来るのです。

この演出は、なかなかカッコイイと思いました。

飲み屋に言った時、「3つの飛び出している部分、ここにドライバーが入っているんだぜ!」みたいなマニアックな会話で大盛り上がりかも!(汗)

イヤーピースを外すと、音導管と言われる部分に真鍮が使われているのがわかります。

ゴールドに輝いてとても美しい真鍮は、いかにもクリアーで伸びやかな音を出してくれそうです。

XBA-300はケーブル脱着式

XBA-300はケーブル脱着式。ご覧のように取り外すことが可能です。

装着されているケーブルは、XBA-300の軽さに適したケーブルということもありやや細め。ソニーから発売されている「MUC-M12SM1」と交換すれば、重くはなりますが”すばらしく”音質がパワーアップします。

この話はまた後ほど。

ケーブルの表面には、細かい溝があるセレーションケーブルを採用。絡みや摩耗を低減する役割をもっています。

解像感と音の伸びが抜群!試聴してみました!

それでは試聴していきましょう。

今回は同日発売となった、ウォークマン「NW-ZX100」で試聴をしてみました。そして・・・

ものすごく”感動”してしまいました!!

音のことは個人的な感想となりますので、参考程度にとどめていただきたいのですが・・・

聴いた瞬間から思わずスゴーって唸ってしまうほど、解像感が非常に高く、中高音域が実に伸びやか!抜けも凄くイイ。管楽器の艶やかさ、弦楽器の響き、ボーカルの息遣いなど・・・実に「生々しく」感じることが出来ました。

音導管に真鍮を採用した、”らしい”聴こえ方です。

オーケストラやライブなどの楽曲を聴いてみると、耳に届く情報は楽器そのものだけではありません。いままで聞き慣れたものであっても、奏者の指使いや、ステージやその周りで起こっている出来事までも、このヘッドホンで聴くと新たな発見が出来ました。

基本的にはシャリ系です。そのため低音が強くはないけど弱くもない。引き締まっていて存在感あり。

もしかすると、ZX100の迫力ある低音の出方がXBA-300にベストマッチなのかも知れませんが、とても良質に感じました。これなら、強い低音が苦手と言う方でも、受け入れられるのではないでしょうか?

低音が苦手な方ならAシリーズとの組み合わせが面白いかも知れません。

まだプレーヤー、ヘッドホン共に開梱したてで、エージング前なだけに、ささる感じや硬さ。まとまり感が希薄だったりするのですが、これは使い込むといい方向になるのは明らかのようです。

解像感や、伸びやかな中高音を求める方にはとても良いヘッドホンだと思いました。

密閉型インナーイヤーレシーバー「XBA-300」

ハイレゾリューション・オーディオ再生に対応したトリプル・バランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを搭載

ソニーストア価格:27,880 円+税

2017/03/06 現在価格

なお、ヘッドホンのレビューではいつも書いておりますが聴こえ方には個人差があります。ここからは「店員が感じたまま」のことを書いておりますので、万人に当てはまるとは限りません。

またプレーヤーによっても聴こえ方は大きく変わってきます。購入をされるときは、全国に3店舗あるソニーのショールームなどでよく聞く音源、プレーヤーを持参して試聴されることをオススメします。

「MUC-M12SM1」ケーブル交換でさらに音質アップ!

今度は別売りのケーブルを交換して試聴してみました。

※別日に別の場所で撮影しましたので、写真の雰囲気が変わって申し訳ありません。

用意したのは、MUC-Mシリーズから「MUC-M12SM1」を用意。

ケーブル長約1.2m。

XBA-300装着のケーブルと比べると表面の加工に加え、明らかに太いのが見た目の特長です。

付け替えて、そして試聴です。

あきらかに音質が大幅にアップ!!

レーダーチャートで表すと、高音・中音・低音など、どの域もXBA-300装着時のケーブルを大きく上回る印象です。言葉で表すのは本当に難しいのですが「芯がとおり、しっかり」する感じ。

XBA-300に装着されているケーブルと比較すると、明らかに太さが違うので音質アップは間違いないとは思ったのですが・・・ここまで明らかに良くなるとは。それくらいの変化がわかりやすいレベルでわかります。

MUC-M12SM1

ヘッドホンケーブル(ステレオミニプラグ)

ソニーストア価格:7,880 円+税

2017/03/06 現在価格

リケーブル しま線か? ケーブル交換で高音質化計画!

お手持ちのソニーのイヤホンやヘッドホンを「より良い音」で楽しんでみませんか?音楽を聴くことがさらに楽しくなりますよ。


今回はハイレゾ対応のイヤーレシーバー「XBA-300」のレビューをお届けしました。

密閉型インナーイヤーレシーバー「XBA-300」

ハイレゾリューション・オーディオ再生に対応したトリプル・バランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを搭載

ソニーストア価格:27,880 円+税

2017/03/06 現在価格

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。


My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ