SRS-X1 レビュー お風呂でも使えるコンパクトなワイヤレススピーカー

このページではソニーBluetoothワイヤレススピーカー「SRS-X1」のレビューをお届けしています。

丸いデザインがとってもキュート!お風呂でも使える防水機能を備えた、ソニーワイヤレススピーカー「SRS-X1」のレビューをお届けします。今回は、4色あるカラーバリエーションの中から、ピンク(SRS-X1 P)をチョイスしましたよ。※ピンク色は2017年3月現在販売終了となっております。

SRS-X1 かわいいデザインで、どこでも使えて便利!

まぁるいデザインが特長のあるSRS-X1は、透明なケースに入れられて到着しました。

水がちゃぷ~んとしている、そんなイラストが入っていて、いかにも”防水機能”が付いている感じ。

それもそのはず、SRS-X1は長時間・45℃まで・真水、水道水、雨水であれば、水の中に入れても大丈夫。そんな防水機能が付いています。だから、プールサイドやアウトドア、キッチンなどで水に濡れそうな場所でも使えますし、お風呂でも使うことが可能です。

そんなSRS-X1のパッケージを開封していきましょう。

中には持ち運びに便利なポーチ、そしてUSBケーブルが同梱されていました。

SRS-X1はUSBケーブルを使用して内蔵バッテリーを充電します。パソコンならばUSB端子から。スマートフォンなどをお持ちで、USB端子のついたACアダプターなどをお持ちであれば、そちらから充電することも可能です。

もし、何にも持ってないよ。と、いうことでしたら、以下のアクセサリーがオススメ。

USB出力機能付きACアダプター

CP-AD2「USBポータブル電源用ACアダプター

ソニーストア価格: 1,219 円+税

2017/03/07 現在価格

コンセントに挿すだけのシンプルな充電器。USB充電機器が増えてきましたので1つもっておけば案外便利でケーブル付きです。

さて、付属品の説明もひととり終わったので、ここからはSRS-X1に触れていきましょう。

SRS-X1は手のひらサイズのまあるいデザインスピーカー。思わず投げたくな・・・いや、投げてはダメ。いくら、ボールと同じくらいの大きさとは言え、それはダメよダメダメ。

手にしたときズシリとくる重量感からは、音質にも期待がもてそうな雰囲気。

そして、このまあるいデザインを良く見せるため、各ボタン類などの処理はかなり上手に行われていました。

まあるいデザインの本体に、まあるいボタン類。

対角線上に同じ数で同じ大きさのボタン配置は、デザイナーさんのコダワリでしょう。

電源ボタンの対角線上にあたる背面部分には防水仕様のキャップがあって、中には充電用のUSB端子とAUDIO IN端子が用意されていました。

SRS-X1の利用法は、Bluetooth ワイヤレス接続が一般的だと思いますが、こういったモデルにもAUDIO IN端子があるのは、嬉しいですよね。Bluetooth機能のなかった時代のパソコンでも使いたい。って、そんな声にも見事に応えているのではないでしょうか?

SRS-X1 思った以上にいい音です!

続いてはSRS-X1の”音”について、体感していきましょう。果たしてどんな音を奏でてくれるのでしょうか?

まずその前に。ワイヤレススピーカーレビュー恒例になりつつある、ペアリング作業から行いましょう。

手のひらと、手のひらを合わせて~

では、ありませんが、NFCマークとNFCマークを合せて~

超カンタン、ペアリング。

ソニー製品も随分NFC搭載機器が増えてきました。ペア・ON・OFFがマーク合せるだけで済むなんて便利過ぎです。

もちろん、NFC非搭載機器でも従来のBluetooth接続すれば問題なくつながりますよ。

初回に行われるペアリングが無事に行われ接続も出来ました。それでは聴いていきましょう。

実際にいろんな楽曲を聴いたのですが・・・小さいながらも「SRS-X1」やりよるなぁ~です。

本当にいい音。「クラスを超えた。」とは、このことでしょうか?

特に私がいいな。と、感じたのは、低音の出方。

全てはバランスの良さがあっての低音の出方なのでしょうけど、気持ち良い響きとでも言うのでしょうか?手のひらにのるサイズのスピーカーってことを考えると、実に良く出来ていると思いました。

ただし!(重要です。)

聴く環境によっては、SRS-X1は本来の能力を発揮しない・・・と、いうか、使えないスピーカーという、レッテルが貼られる可能性が含まれている部分もありました。

それは、実体験だからこそ、わかったことなのですが「音の響きが良すぎるせいか、置いた場所の素材次第では「ビビリ音」が発生する。」ことがあるんです。つまりは・・・

SRS-X1の底面にある、ラバー?シリコーン?の素材が薄いのか、容量が少ないのか、原因はわからないのですが、自らが発生した音の振動に対して抑えがきかないようになっているみたいです。

これが本当に惜しくてならないのですが・・・

実際にビートのきいた楽曲を聴くと、置き場所によっては大きくビビりだします。

対応策として、マットを引くことによって収まりましたが、これはあくまでも使用者によるアイデアでベストではないですよね。良い製品なだけに実に惜しいなぁ、と思いました。


以上、SRS-X1のレビューをお届けしました。

ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-X1

キュートな防水ボディでお風呂でもワイヤレスリスニングを楽しもう!

ソニーストア価格:7,880円+税

2017/03/07 現在価格

  

今回は本体カラーピンクでレビューをお届けしましたが、SRS-X1は全4色のカラーバリエーションを展開しています。(※内2色は販売を終了しました。2017年3月7日現在)詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。


My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ