PHA-3 レビュー 高音質を好きな場所で楽しめるポータブルアンプ

このページではソニー・ポータブルアンプ「PHA-3」のレビューをお届けします。

このPHA-3経由で聴いてしまったら、おそらく何も無しでは、もう何も聴けなくなるかも。そう考えたらちょっと恐い。特にバランス接続で聴くのが素晴らしく、出力されるその音に圧倒されてしまいました。

PHA-3 レビュー

PHA-3レビュー、まずは外装や付属品のチェックから始めたいと思います。

質感高い黒の塗装に、ずっしりと手に伝わるガッチリとした金属外装は、まさに上級志向。また使われているパーツは質感の高いものばかり。最近のスマートな機器を見ていると、どこかアナログ的な感じにも見えたりします。

またPHA-3はポータブルアンプと呼ばれているものの、ポケットにヒョイと入るサイズではありません。どちらかと言うと、屋外よりも屋内向き。バッテリー駆動でお部屋を選ばず、高音質が好きな場所で楽しめる。そんな意味でのポータブルと言えるでしょう。

続いては付属品をチェックしてみます。

PHA-3にはいろんなオーディオ機器とつなげて楽しむためのケーブルと、ポータブルオーディオ機器を重ね留めるためのバンドが用意。

ケーブルは、ウォークマンやXperiaなど、デジタル接続用のものから、アナログ用まで3種類を用意しているほか、USBケーブルを使えばPCなどともつながります。

そんなケーブルとつなげるPHA-3の接続端子はこんな感じです。

接続端子はINPUT端子の他、OUTPUT端子も複数も用意。接続ガイドシートも本体に貼り付けてあるので、接続で迷うことは恐らくないでしょう。また、先ほど紹介したケーブル以外にも、例えば光デジタルケーブルを用意すればさらに拡張性も高まります。

続いてPHA-3の正面側を見てみます。

こちら側にはノーマル接続用、バランス接続用のヘッドホン出力端子、音量調整用のボリュームが用意。

側面には、ヘッドホンの種類を多くお持ちの方に嬉しいGAINの切り替えスイッチ。

また、ハイレゾ音源ではなくてもハイレゾ相当の効果を感じられる「DSEE HX」のON・OFFスイッチが用意されていました。

それでは、オーディオ機器と接続していきましょう。

今回は、ウォークマン NW-ZX1と接続。

付属のケーブルを使用してお互いを接続します。

この時、INPUTの切り替えスイッチを左端にすることをお忘れなく。

そしてウォークマン NW-ZX1付属のアタッチメントの載せて、本体、バンドの順番に装着すればセッティングも完了です。見た感じは、こんな風になりました。

共に金属の外装で出来ていますので塊感がスゴイ。重ねた厚みは43mm程度。なかなかのボリュームです。

PHA-3 レビュー バランス接続で本領発揮!ケーブル交換でさらに素晴らしく!

それでは、実際に聴いてみた感想を書いていきたいと思います。

ヘッドホンはソニーのプレミアムヘッドホンと言われる「MDR-1A」を用意しました。

まずはノーマル接続から始めます。

ステレオヘッドホン MDR-1A

広帯域HDドライバーユニットが低域から100kHzの超高域までを再生。耳を包み込むような快適な装着感のステレオヘッドホン

ソニーストア価格:27,750円+税

2017/03/07 現在価格

聴いた瞬間からすぐに効果はわかるものがありました。

ZX1は内蔵アンプでもとても質の高い音を奏でてくれますが、さすがに次元が違いますね。より明瞭に、解像度が高まり、楽器ひとつひとつの音がくっきり鮮明。あまりにもの良さに思わずニマニマしてしまうレベルです。

さすが良い音を出すための専用機って感じ。ZX1に謝らないと行けませんが、これはあまりにも音質差があります。

続いてはバランス接続で聴いてみましょう。

ヘッドホンはバランス接続ありきで設計された「MDR-Z7」を用意しました。

ステレオヘッドホン MDR-Z7

新開発の大口径70mmHDドライバーユニット搭載により低域から超高域の100kHzまで再生。楽曲の空気感までも再現するステレオヘッドホン

ソニーストア価格:55,000円+税

2017/03/07 現在価格

この組み合わせ・・・めちゃめちゃの衝撃です!!

空気感まで伝わる。と、書けば大袈裟にも思われるかも知れませんが、本当にそんな感じ。効いた瞬間から思わずゾクソク。目を閉じて思わずうっとり・・・とにかく、すごく気持ちいい。

これが本当のハイレゾシャワーと言われるものかも・・・・それほど、わかりやすく、ノーマル接続で感動したことが何それ?って、思ってしまうほどの差です。

もう、PHA-3でバランス接続を聴いてしまうと、ノーマル接続を始め、直挿しとか、もう戻れないかも。こ、これはある意味危険だ・・・

実は2015年のお正月休み、このセットを自宅に持ち帰って、じっくり聴いていたのですが、あまりにも素晴らし過ぎて、PHA-A3のバッテリーが上がるまで、大好きな楽曲を聴きまくってました。

本当に素晴らしいの一言。

さらに素晴らしくするのが、キンバー社ケーブルを使用したバランスケーブルとの組合せだったりします。

このケーブルが本当にスゴイ。

カドがとれた柔らかさが出てくるのに、解像度はより高まった感じ。空気感もさらに増し、目を閉じって静かに聴けば、その場にいるかのような錯覚に陥りました・・・やっぱり極めて行くと、こうなる(お金がかかる)みたいです。

バランス接続対応ヘッドホンケーブル

MDR-Z7用 KIMBER KABLE社と協力した、Braid(編み)構造を採用したバランス接続対応ヘッドホンケーブル

ソニーストア価格:23,130円+税

2017/03/07 現在価格

詳しくない人が価格だけをみると、思わずぶっ飛んでしまいそうな気もしますが、さすがお値段相当な仕事をしてくれます。

直挿しでも大満足なMDR-Z7。しかし、PHA-3と出会ってしまったら、もう組み合わせて使うことしか考えづらくなります。さらにキンバーケーブルがあれば本当に言うことありません。

セットで購入すると、価格はそれなりになりますが、価格以上の価値、わかる人には絶対にわかる良い音の結晶だと思いました。


今回は、ソニーポータブルアンプ PHA-3のレビューをお届けしました。

ポータブルヘッドホンアンプ・PHA-3

バランス出力に対応、DACにはESS社のES9018を搭載したポータブルヘッドホンアンプの最上位機種

ソニーストア価格:92,500円+税

2017/03/07 現在価格

なお、今回のレビュー記事は店員個人の感想を書いております。音や装着感など感じ方には個人差がありますので、興味を持たれた方は実際に聴かれることをおすすめします。

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。


My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ