実機で解説!MDR-1AM2 レビュー ジャンルを問わず高音質を楽しめるヘッドホン

このページでは ソニー ステレオヘッドホン「MDR-1AM2」のレビューをお届けしています。

大ヒットモデルとなった先代「MDR-1A」の後継モデルとして、2018年2月20日に発表された「MDR-1AM2」。型名のとおり、2代目となり高音質化を目指した内部パーツの変更をはじめ小型軽量化、バランスケーブルが付属するなど付加価値もアップして登場しました。

このシリーズの「礎」的存在の「MDR-1R」が「MDR-1A」にモデルチェンジしたときも、高音質化の進化には衝撃を受けたものですが、今回もその感動再びとなるのでしょうか?さっそく実機をチェックしてみました。

MDR-1AM2ってどんな商品?

「MDR-1AM2」は楽曲ジャンルを問わず、いい音が楽しめるヘッドホン「MDR-1A」の2代目となるモデルとして登場。

ハイレゾ収録されている音源を今まで以上、忠実に表現するためにブラッシュアップ。新開発40mmHDドライバーユニットの搭載にハウジングの小型化・軽量化。イヤーパッドの形状に使用素材も見直され、4.4mmバランス標準プラグ採用のケーブルも付属しました。

デザインも今までの流れを組んでスタイリッシュかつ上質に。そしてカラーはブラックとシルバー2色が用意されました。

ステレオヘッドホン「MDR-1AM2」

あらゆるジャンルの音楽をありのままの音を届ける。ソニーのTHE HEADPHONES

ソニーストア価格:29,880円+税 ~

2018/02/22 現在価格

ブラックとシルバーのカラーバリエーションは「ZX300」とのデザイン相性もピッタリ・・・と、いうかむしろセットで使って欲しい!って、中の人の声が聞こえてきそう。なんて思っていたら、ソニーストアではセットで買えばアクセサリーが安くなるセット販売を開始!

そんな「MDR-1AM2」の発売日は2018年3月10日を予定しています。

手にした瞬間から「軽い」「小さい」を実感!

手に取った瞬間、「これは軽い!」と、思わず声を発してしまいました。

質量は「MDR-1Aの約225g」→「MDR-1AM2の約187g」と、この数値だけみて実際はどうなの?って、感じだったのですが、手にしてみるとかなりの驚き!そう、ものすご~く軽いんです!!持ち比べて見るとわかりやすく圧倒的。

このクラスのヘッドホンってことを考えると、これは驚きの軽さでしょう。

全体的にコンパクトにもなっていて、ドライバーユニットのサイズは40mmと従来モデルMDR-1Aと同じながらも、比べてみるとすぐわかるほど、かなり小さくなっていました。

質感そのものも、良い方向に進化。例えばシボの使い方も本当に上手。とっても上質な雰囲気となっています。

全体的なデザインもさすがソニーヘッドホンのセンターと言われるだけあってスタイリッシュ。どうせ買うならイイもの持ちたいよね。そう思われる方の「所有欲」も十分満たしてくれそうです。

MDR-1AM2は全2色のカラーバリエーションを設定。今回のレビュー記事ではブラックでお届けしていますがシルバーもなかなか良さげです。購入検討される方は、思いっきり悩んでしまうのではないでしょうか?

バランスケーブルが最初から付属。

MDR-1AM2の付属品はヘッドホンケーブルが2本とキャリングポーチ。なんと言っても、注目は4.4mmバランス標準プラグのヘッドホンケーブルが最初から付属しているところでしょう。

スマホでの使用も可能なマイク/リモコン付きのアンバランスケーブルも付属していて、機種を問わない使用ができるようになっています。

キャリングポーチの内側にはケーブルが収納可能なポケットが用意され、ヘッドホンとまとめてセットにしておけるって結構便利です。

1Aから確実に進化!音の分離に定位が凄まじい!!

ここからは試聴した感想をお届けしていきたいと思います。

試聴には、映画(クラシック)、ジャズ、ボーカルなどジャンルを問わず、筆者が普段からよく聴く、聴き慣れた知っている楽曲を、付属のバランスケーブルを使用し、ウォークマン ZX300でたくさん聴いてみることにしました。

関連レビュー記事 実機で解説!ウォークマン NW-ZX300 レビュー

ウォークマンのフラッグシップモデル「WM1シリーズ」で搭載するデジタルアンプを搭載し、シリーズ初となるバランス接続にも対応。アルミ1枚板から削りだされた筐体はコンパクトなサイズに抑えられ、携帯しやすいサイズ感で高音質体験をどこでも可能としました。

初めて聴いてまず驚いたことは、とにかく「音の分離、解像感が凄まじい!!」というところ。

実際に聴くまでは、型番の「M2 = マークツー」ってところが気になって「大した進化・変化もないのでは?」なんて思ってましたが、それは全然大ハズレ!思いっきり衝撃を受けてしまいました!

ハイレゾ対応ヘッドホンならではと言っていい、アーティストの息遣いはもちろん「MDR-1A」では聴こえるか聴こえないかギリギリの製作側のお遊びとも思えるような、ごく小さな音まできちんと聴こえてきます。

「スゴすぎるぅぅ!!」と、またもや思わず声を発してしまいました(汗)。

高音が広くなったのは明らかですが、ボーカルもより明瞭となり、低音の質感もグーンとアップ。空間の広さもシリーズ最高レベルでしょう。目を瞑れば奏者の立ち位置までも浮かんできます。

「MDR-1AM2」は先代モデルの「MDR-1A」と同じ40mmのドーム型。再生周波数帯域も3~100,000Hzとこれまた一緒なのですが、新開発のHDドライバーユニットに採用された「フィボナッチパターンググリル」や「アルミニウムコートLCP」に加え、カタログには載らないような細かなチューニングが大きく影響を与えているのでしょう、とにかくスゴい進化を遂げています。

「マーク2になって、さらに腕をあげたな!」

進化した音による大好きな楽曲を聴きながら、思わずニヤニヤとしてしまうのでした。

装着性アップ!軽いから着け疲れも少なそう!!

これほどまで「MDR-1AM2」のイイ音化が実現したのは、新開発HDドライバーユニットの素晴らしさに加え「装着感の心地よさ」や「密閉性の良さ」にもあると思います。

そう「MDR-1AM2」はイヤーパットや表皮などの素材変更などに加え、形状の変更により、従来モデル「MDR-1A」比、装着性と密閉性が格段に良くなりました。

イヤーパットには低反撥ウレタンフォームが採用され、グイっと押し込んでジワ~っと戻ってくる様は、まるで「低反発マクラ」みたい。これが実にいい塩梅で耳周りに吸い付くように密着してくれます。

もちろん密着性が良いからと言っても、通気性には十分配慮。イヤーパット表面には吸放湿性に優れた合皮を採用しているのだとかと、このあたりも良く考えられています。

耳全体をかっぽりと覆ってくれるので密閉性の良さも抜群。外からの音の侵入も少なく音楽に没入でき周囲への音漏れも少なそうです。

可動部のガタつきを低減するサイレントジョイント採用で、頭を振っても首を振ってもメカノイズはほとんど感じません。

本体の軽さが功を奏して、これなら長時間の使用でも着け疲れが少なそう。「MDR-1AM」は、出て来る音にも衝撃を受けたけど、本体の出来の良さも素晴らしいものがありました。実にレベル高いヘッドホンに仕上がっています。

MDR-1Aとは異なる装着感

好みの分かれるところかも知れませんが、装着感は従来モデル「MDR-1A」とはかなり異なる雰囲気です。「MDR-1A」の、あのもっちりとしたイヤパットの感覚が好みの方は、購入前に一度お試し頂きたいと思いました。

MDR-1AM2レビュー まとめ

アーティストの想いまで伝わるヘッドホンは、聴き慣れた楽曲でも改めて聴くと、とても新鮮な気持ちにさせてくれ、こんな音までも入れてたんだね・・・と、ワクワクさせてくれます。

「MDR-1AM2」は、解像感の高さに加え、音の定位もバッチリわかり、高音から低音までのバランスも良く、楽曲のジャンルを問わずに楽しめそう。そしてなんと言っても軽いし装着感も良い。この価格で、このレベルのものが購入できるって言うのはとても素晴らしいなぁ。と、思いました。

ステレオヘッドホン「MDR-1AM2」

あらゆるジャンルの音楽をありのままの音を届ける。ソニーのTHE HEADPHONES

ソニーストア価格:29,880円+税 ~

2018/02/22 現在価格

ウォークマン「NW-ZX300」ユーザーだったり、音の良いヘッドホン選びで悩んでいる方にはこの「MDR-1AM2」、かなりオススメできる1台と言えるでしょう。

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

※今回のレビュー記事は店員個人の感想を書いております。ヘッドホンやスピーカーなど音モノは特に感じ方に個人差があります。興味を持たれた方は一度、実機試聴されることをおすすめします。

MDR-1AM2とZX300同時購入キャンペーン 実施中

ブラックとシルバー、2色のカラバリ展開で、これは明らかにウォークマンZX300ユーザーを狙ったものだな・・・と、思っていたらソニーの直販サイト「ソニーストア」でキャンペーンを開始!

MDR-1AM2とNW-ZX300を同時購入すると12回までの分割払いが金利0%だったり、対象アクセサリーが1000円オフになるというキャンペーンをはじめました。

また保証内容の手厚く3年間のベーシック保証が無料で添付。まだどちらも持ってないよ。って方は一度検討してみてはいかがでしょうか?


My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ