α7R III と α9 を人気カメラマンが語る!『さとうち スペシャル座談会』

来る2018年1月27日の土曜日、当店2階のイベントスペースにて「井川プロカメラマン」と「Wasabitoolカメラマン」によるトークショー(座談会)を開催することになりました!

テーマは昨年、2017年に発売したソニーのデジタル一眼カメラ「α7R III」「α9」について語ると言った内容。

人気カメラマンのお二人による「α7R III」と「α9」ならではの性能を活かした作品公開をはじめ、こだわりのカスタム設定など内容盛りだくさん!1時間30分た~っぷりとトークを楽しんでいただきます!!

※このイベントは終了いたしました。

α7R III と α9 を人気カメラマンが語る!『さとうち スペシャル座談会』

まずは当日の主役、カメラマンの紹介からさせていただきます。(五十音順紹介)

井川 拓也氏 (プロカメラマン)

『写真は記録であり、流行である』をモットーに、2008年TENOHIRAWORKS photo studioを設立。現在は同スタジオ代表カメラマンとして、ファッションや商品撮影などのコマーシャルフォト、取材や紀行などの商業撮影を中心に、ソニーストアでセミナー講師をつとめるなど、幅広く活動中です。

当店では昨年6月、海遊館での撮影会のセミナー講師としてご活躍いただきました。

αを使ったプレミアム撮影会「井川カメラマンと行く海遊館」

びっしり組んだスケジュール。参加者18名のみなさまには「30分の時間おし」という事態も発生し、大変ご迷惑をおかけしたところもありましたが、イベントを存分に楽しんで頂けたのではないでしょうか?

wasabitool(わさび)氏 (SNSフォロー数4万以上をもつカメラマン)

インスタ・Facebook・ツイッターなどで 総数4万人以上ものフォロワー数をもつ同氏は、2017年ソニーストア福岡天神のαフォトコンテストを入賞をはじめ、数々のフォトコンテストで入賞の実績をもつカメラマン。SNSで公開した写真が大手の雑誌や、Yahoo!、ライブドアニュースでも紹介されなど、『見る人の気持ちを考えた作品』で活躍中です。

当店では、昨年9月ソニーストア大阪で開催した当店の60周年イベントにてトークショー実施。たくさんのフォロワーも駆けつけて、その場を大いに盛り上げていただきました。

感謝!さとうち in ソニーストア大阪 イベントデー 無事に終了!

ソニーストア大阪さんで開催した「さとうちイベントデー」ですが、予定どおり終了しました!wasabitool(わさび)さんのトークショーは特に大きな盛り上がりをみせてくれました!

こちらのお二人のカメラマンと、進行係yas店員によるクロストークで進めさせていただきます。

2018年1月27日土曜日 当店2階イベントスペースにて開催

開催日時は2018年1月27日の土曜日、時間は13:30から当店2階にあるイベントスペースで行います。

α7R III と α9 を人気のカメラマンが語る!『さとうち スペシャル座談会』

  • 2018年1月27日土曜日 13:30~15:00 
  • ソニーショップさとうち 2階 イベントスペースにて行います。
  • 参加費用は『無料』

『完全予約制』イベント参加方法 ※重要

このイベントは『完全予約制』となっております。

ご予約のない方はご参加いただけません。

また、座席をはじめスペースには限りがありますので、定員になりしだい募集は即時締め切りさせていただきます。興味のある方はぜひお早めにお申込みください。

以下のお申込みフォーム(リンク)より、必要事項をご記入のうえお申込みください。

※このイベントは終了いたしました。

なお、参加費用は『無料』です。


以上、2018年1月27日土曜日に開催。α7R III と α9 を人気のカメラマンが語る!『Sony Shop さとうち スペシャル座談会』のご案内をさせていただきました。

人気カメラマンによるトークショーを間近で楽しめる貴重なひととき。興味のある方は、ぜひお早めにお申込みくださいませ。


Eマウントレンズレビュー公開中!

作例付きで公開中「Eマウントレンズレビュー」

当店では今回紹介したEマウントレンズ以外のレビューも公開しています。ぜひ合わせてご覧ください。

『αに使えるカメラアクセサリー』レビュー

ショップ店員による『αに使えるカメラアクセサリー』レビュー

撮影が便利に。写すことがもっと楽しくなる!αに使えるカメラアクセサリーのレビューをお届けします!

特集!αをもっと使いこなそう!α入門者向け講座

標準ズームの次はどれがいい?2本めのレンズ選び

せっかくのミラーレス一眼カメラαを買っても、標準ズームレンズだけではもったいない。レンズ交換することで、標準レンズでは写せなかった楽しい世界が待っています!


ページの上部へ