ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!

軽いけどたっぷり収まるカメラバッグ 『LCS-SB1』 レビュー!

レンズが数本収まるショルダータイプで、小物入れポケットも豊富で、その上バッグそのものが”軽い”。そんな都合の良いカメラバッグがソニーから発売されています。

今回は軽いけどたっぷり収まるカメラバッグ『LCS-SB1』をご案内したいと思います。

スリングバッグ「LCS-SB1」を見てきました!

カタログを見ると、重さが約510gでαを始め、望遠レンズ・70-300mm F4.5-5.6 G SSMサイズまでが収まり、しかもタブレットや小物なども収納可能。

すごく気になったので、発表翌日にソニーストア大阪さんで実機を確認してきましたよ。

172cm、中肉中背の私が肩にかけているバッグが今回紹介する『LCS-SB1』。写真映えするかも知れませんが、質感はあまりよろしくありません。

とは言っても、これだけの大きさで510g。だからこれは軽量化の結果。と、考えると悪くはないでしょう。見るからにタップリ入りそうです。

LCS-SB1は両サイドにあるファスナーを開けることにより、収容力がアップするようになっていて・・・

より容量を求めるなら両端のファスナーを開ければOK。と、いう仕掛けが施されていました。

両端のファスナー部分には、ペットボトルポケットを用意。

夏場などの暑い時期の撮影には重宝しそうですね。

上の写真を見ていただいてわかるとおり、このバッグの特長はなんと言っても収納力の高さにあります。

インナーボックスが付属で用意されてあり、写真を見る限りでは カメラ本体にレンズを装着した状態でかつ、Eマントレンズが2本+αな収納力があるようです。それに前面にもポケットが用意も用意。これは収まりそうですね~

公式サイトによると、Aマウントの望遠ズームレンズ・70-300mm F4.5-5.6 G SSM(SAL70300G)サイズまでなら収まるとのことなので、Eマウントユーザーなら、もっとたくさんのレンズを収納出来そうです。

ちなみにこのインナーボックスですが、取り外すことが出来ます。取り外せばカメラバッグ以外の用途でも使えそう・・・これは嬉しいですよね。そして、インナーボックスにはタブレットPCを入れるスペースも用意されています。

タブレットなどをお持ちでない方は、紙のノートなどを入れるスペースとなって丁度いいかも。また、切符などを入れるスペースなどとして活用しても良いのではないでしょうか?

また、前面には3ヶ所のポケットが用意されていました。

内部にもポケットが用意されており・・・

たくさんのアクセサリーも安心して個別収納出来そうですね。

ショルダーストラップは、幅のあるものを採用しました。

肩当てもちゃんと用意されていることから、中身が重くなってもそれなりに対応出来そうです。

・・・が、あまり詰め込み過ぎると肩への負担は大きくなりそうです。このあたりは実際に使ってみてわかることかもしれませんが、ただ、本格的なカメラバッグと比べると、ストラップの付け根が弱そうなので、そこそこの重さでの使うのが良さそうにも思いました。

スリングバッグ『LCS-SB1』どれだけ入るか試しました!

わずか約510gと軽いけど、容量たっぷりなスリングバッグ・LCS-SB1。このバッグにどれだけの収容力があるのかを実際に試してみました。

今回用意したのはα99とズームレンズSAL2470Zの組合わせ。そして望遠ズームレンズのSAL70300G。重量級とも言えるこれらを入れてみた、その結果は見事に収まりました!

これはなかなかの収納力!このバッグの容量の大きさがわかると言うもの。

フードは逆さまにした状態で、今回はインナーボックスの仕切りは1枚のみ使用しました。現在発売中のαでもっとも大きなα99が収まりましたので、これなら、ほとんどのαシリーズでも収まりそうですね。

ちなみにこのインナーボックスには3枚の仕切りが用意。マジックテープで仕切りの取り外しはもちろん間隔なども調整可能となっています。

今度はミラーレズ一眼中級機・NEX-6とレンズを用意してみました。

NEX-6+SELP1650の組合わせ、SEL1018、SEL55210 と、今回は広角から望遠まで、おでかけ3本セットで想定してインナーボックスにセットしてみます。

結果はもちろん「余裕」で入りました。この時は仕切りを2枚使用。 SEL55210のレンズフードは撮影時状態で収納することが出来ましたよ。

こんな感じでEマントレンズなら、かなりの余裕です。レンズの上にショック防止のクッションを当てて「重ね収納」すれば、全長の短いレンズならもう1~2本は収めることも出来そうですね。

ちなみにこのインナーボックスにはタブレットを収納するスペースも用意されてあって・・・

こんな感じに。もちろん、レンズやカメラが収まるところとは別なスペースに収まるようになっています。

タブレット持ってない方でも、このスペースはいろんな利用用途があって便利そう。例えば本やノート、切符なども入れれますよね。無理にタブレット入れとして使わなくても良さそうです。


今回はスリングバッグ「LCS-SB1」のレビューをお届けしました。

スリングバッグ「LCS-SB1」

カメラバッグそのものが軽いので、持ち歩いても疲れにくい。レンズを2~3本持ち歩く方にオススメのバッグです。

ソニーストア価格:7,010円+税

 2014/05/04 現在の価格

ぜひ参考になさってください。

関連記事を読む

当店では関連商品のレビューも公開しています。ぜひ今回の記事と合わせてご覧ください。

フルサイズ対応 Eマウントレンズ レビュー

APS-C対応 Eマウントレンズ レビュー

α ボディ レビュー Eマウント & Aマウント

αがもっと便利になるアクセサリー

レンズが5%OFFで購入可能!「αフォトライフサポート」

αフォトライフサポートはソニー直販のサポートメニュー。加入後はレンズやプロ講師によるセミナーが割引価格!さらにセンサークリーニングなどが通常よりもお安く受けられます。

【解説】レンズやセミナーが割引価格、メンテも優待「αフォトライフサポート」

レンズやセミナーが割引価格!サポートも優待価格!ソニーストアが提供する「αフォトライフサポート」についてご案内せていただきます。

ソニーショップさとうち

当ページは「ソニーショップさとうち」が運営する、ソニー商品やVAIOなどを中心とした情報サイトです。

また当店はソニーストアの正規代理店(e-sony Shop)です。ソニーストアでの取り扱い商品の展示や、ご購入相談も店頭にて行っております。

当店の記事を一発検索!

カテゴリー

VAIO レビュー!

VAIO Zレビュー

VAIO S11レビュー

VAIO S13レビュー

VAIO S15レビュー

VAIO C15レビュー

VAIO Z Canvasレビュー

VAIO用 ケースを徹底レビュー

カメラ レビュー!

α7R II (ILCE-7RM2) 徹底レビュー

α7 II (ILCE-7M2) 徹底レビュー

α6500レビュー

α6300レビュー

α6000レビュー

作例付き Eマウント対応レンズレビュー

α99IIレビュー

α77IIレビュー

αをもっと楽しもう!アクセサリーレビュー

DSC-RX1RM2レビュー

DSC-RX100M4レビュー

DSC-RX100M3レビュー

オーディオ レビュー!

ウォークマン ZX2(NW-ZX2)レビュー

ウォークマン ZX100(NW-ZX100) レビュー

ウォークマン Aシリーズ(A30)レビュー

ウォークマン Sシリーズ(S10)レビュー

ポータブルアンプ「PHA-3」レビュー

ポータブルアンプ「PHA-1A」レビュー

ハイレゾ対応イヤホン「MDR-EX750BT」レビュー

MDR-Z1R レビュー

MDR-1000X レビュー

MDR-1A レビュー

SRS-HG1レビュー

SRS-X1レビュー

注目のソニー商品 レビュー!

超単焦点プロジェクター「LSPX-P1」レビュー

グラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」レビュー

当店のイベント情報

営業日・定休日のお知らせ

営業時間

平日 お昼12:00~19:00

土曜 お昼12:00~18:00

写真サークル

安心できる お買い物を

ソニーショップさとうちはソニー特約店です。ご購入いただいたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

ページの上部へ